ホーム>

一般のお客さま

サイドメニュー
新製品情報
  • 製品情報
  • 技術情報
  • 一般のお客さま
  • 会社案内
  • お問い合わせ
総合カタログダウンロード データダウンロード
サイドメニュー

一般のお客さま

コンテンツBG

販売・修理・メンテナンスについて

当社製品につきましては、一般のお客さまへの製品及び部品の販売を行っておりません。
また、修理・メンテナンスについては当社では直接のご依頼はお受けいたしておりませんので下記「製品の使用方法、よくある質問」をご覧頂き、解決できない場合は、各地域の水道工事店様にお申し込み頂きますようお願い申し上げます。

※ 地域の水道工事店様を探すのが困難な場合は、お住まいの地区の水道局または各自治体
 (役所・役場・出張所など)の水道関連の部署へお問い合わせください。

製品の利用方法 よくある質問

コンテンツBG

製品の使用方法

水抜栓の使用方法(水落としの仕方)

  1. 水抜栓のレバーを「水抜」方向にします。
  2. カラン(蛇口)などを開放します。
    カラン以外にも洗面所の「水抜弁」や、バスルームのシャワー混合栓に付いている水抜用の栓など、開放が必要な場所があります。また、トイレのロータンクからも全て水を流し切ってください。また、厳冬期には大便器内に不凍液を入れていただくと凍結による便器の破損を防ぐことができます。
  3. 水が抜けきったことを確認してからカランを閉止してください。

※ 再度給水させるには、開放していたカランが閉止しているのを確認し、「給水」側にレバーを動作させてください。

伸縮散水栓EXの使用に関して

伸縮散水栓EXは、給水(揚水管引揚げ)時に頂点でカチッという手応えとともに、そこで伸縮動作が止まるようになっております。中途半端な位置になっておりますと、全く給水されないばかりか冬期の凍結の原因になってしまいますのでご注意ください。万が一、伸縮動作がきつい、頂点で止まる際の手応えがない(止まらない)などの症状がある場合にはお近くの水道工事店様に修理を依頼してください。

電動水抜装置の使用方法

■水を抜くとき

  1. 操作盤の電源スイッチを入れます。
  2. 「水抜」ボタンを押します。
  3. カラン(蛇口)などを開放します。
  4. 操作盤の電源スイッチを切ります。
  5. 水が抜けきったことを確認してからカランなどを閉止してください。

■給水するとき

  1. カランなどが閉止されているのを確認してください。
    (開放されている場合は閉止してください)
  2. 操作盤の電源スイッチを入れます。
  3. 「給水」ボタンを押します。給水ランプの点滅が終ると給水完了です。
  4. 操作盤の電源スイッチを切ります。
コンテンツBG

よくある質問

水抜栓のレバーが硬くて水落としできません。どうしたら直せますか?
水抜栓の内部を修理する必要があります。地域の水道工事店様に修理を依頼してください。ユーザー様ご自身での修理は、より症状を悪化させたり、家財に損害が及ぶ可能性がありますので絶対におやめください。
水を抜いたときに配管から「シュー」という音と笛のような「ピー」という音が聞こえます。
何か異常があるのでしょうか?
異常ではありません。この音は「吸気弁」が空気を吸い込む際に出る音です。「吸気弁」とは配管から水が抜けてゆくのを促す器具で、この音こそが正常に作動していることを示しています。
電動水抜装置(クリオネ)の操作盤に点検ランプがつきました。どうすれば解除できますか?
「給水」または「水抜」のボタンを押した後、電源スイッチを一旦オフにして、もう一度オンにしてみてください。
ただし、改善せず点検ランプがついたままの場合や、一旦改善したものの、再度同じ症状が出る場合には、お近くの水道工事店様に修理を依頼してください。
水抜栓を操作しても給水されません。
  1. 冬期であれば凍結、夏期であれば配管の詰まりなどの異常がある可能性が考えられますが、まずは水道工事店様に修理を依頼してください。
  2. 屋外に設置された散水栓用の水抜栓の場合は、冬期にカラン(蛇口)が凍結する場合があります。その場合はカランにタオルを巻き、その上からぬるま湯をかけて解氷してください。また、冬期の使用しない時期はカランや水栓器具を養生していただければ凍結を予防することができます。
  3. レバーが「水抜」の方向になっていませんか。もう一度確認してみてください。
水抜栓のレバーが破損してしまいました。今のところ何も異常はありませんが、放置していても大丈夫でしょうか?
レバーが破損した状態では、思わぬ異常を引き起こす場合がありますので、必ず交換が必要になります。また、破損した原因にもよりますが、他の部品の交換の必要がある場合も考えられますので、ご自身で修理しようとはせず、水道工事店様へ修理を依頼してください。
屋外の伸縮型の散水栓が引き揚げにくくなってしまいました。
まずはお近くの水道工事店様に修理を依頼してください。その際に、「使っているうちになってしまった」「車でぶつけてしまった」など、思い当たることがありましたらお伝えください。
コンテンツBG